桔梗の花言葉・誕生花 / 古くから日本で愛される秋の七草

花の紹介

秋の七草といえば、萩(はぎ)・すすき・撫子(なでしこ)・藤袴(フジバカマ)・葛(くず)・女郎花(オミナエシ)、そして桔梗(キキョウ)です。

万葉集で秋の七草と詠われているように古くから日本で親しまれているお花ですね。
万葉集では「アサガオ」と呼ばれていた花はキキョウとされています。

先日放送が終了した「半沢直樹」のドラマの中にも出てきたお花です。

そんな桔梗の花言葉などを紹介していきます。

桔梗 ( キキョウ ) の花言葉 / 誕生花

桔梗(キキョウ)の花言葉

『永遠の愛』『誠実』『従順』『深い愛情』『愛着』

DATA

分類:キキョウ科キキョウ属

別名:オカトトキ 

英名:Balloon Flower

原産地:日本・中国・東アジア

開花時期:6月~9月

花色:白・紫・ピンク

桔梗(キキョウ)の誕生日の花

8月2日 8月28日 9月1日 

桔梗(キキョウ)の小話

花言葉の由来となったお話

桔梗の花言葉の由来になったお話があります。

昔々、戦争に行った旦那さんを10年間待ち続けた妻がいました。
旦那さんが戦争から帰ってくると聞き、ご馳走をたくさん用意していたところ、旦那さんに別の男と一緒に暮らしているのだと勘違いされてしまいます。
妻は身の潔白を証明しようと自害し、妻が潔白だということを知った旦那さんも後を追い自害しました。

悲しい夫婦のお話ですね。
花言葉の『永遠の愛』や『誠実』という言葉には、10年間待ち続けた妻の想いが込められているのかもしれません。

古くから愛される桔梗(キキョウ)

万葉集に出てくる秋の七草の他にも、
戦国時代には家紋として登場しています。
明智光秀の桔梗の紋は桔梗の花の家紋ですね。

咳や痰に効く漢方薬にもなります。

 桔梗(キキョウ)の花言葉・誕生花 まとめ

桔梗は古くから日本で愛されるお花のひとつ。
花言葉もステキなので、大切な人へ気持ちを伝えるプレゼントにもいいですね。
『永遠の愛』という花言葉を添えて、好きな人からプレゼントしてもらったら嬉しくて感動しちゃいます。
でも好きな人限定です!笑

最後まで見ていただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました