1月3日の誕生花 / 梅(うめ)クロッカス

スポンサーリンク
誕生花

1月3日。お正月の三が日も最終日ですね。
日本ではこの日までお正月休みとされることが多いそうです。

1月3日の誕生花は梅とクロッカスです。
どんなお花か、ご紹介していきますね。

スポンサーリンク

1月3日の誕生花 梅(うめ) 

 

梅(うめ)の花言葉

1月3日の誕生花、梅(うめ)の花言葉は
『高潔』『澄んだ心』『忠義』『潔白』です。

梅は花も実も日本になじみ深い植物ですね!
梅のおにぎり大好きです。梅酒もいいですよね!

梅の花言葉の『高潔』や『澄んだ心』などは、梅の花が冬の寒空の下で凛と咲く姿から由来されたものです。

菅原道真の伝説
『忠義』の花言葉は、日本の平安時代の貴族 菅原道真(すがわらのみちざね)のあるお話から由来されています。
学問の神として有名な菅原道真ですが、貴族達の嫉妬により太宰府に左遷されてしまいます。
その時に、道真の家の庭に咲いていた白梅が道真を慕うあまり後を追い太宰府に降り立ったという伝説が花言葉の『忠義』となりました。
『潔白』という花言葉も、菅原道真が左遷された理由が貴族達に陥れられたことから『潔白』とつけられています。

梅(うめ)の基本データ

DATA

  • 分類:バラ科サクラ属
  • 別名:͡このはな(木の花)・はるつげぐさ(春告草)
  • 原産地:中国
  • 開花時期:1月~3月
  • 香り:甘い香り
  • 英名:ジャパニーズアプリコット

梅(うめ)のお手入れ方法

通年、日当たりの良い肥沃な土地で育てましょう。
日陰や水捌けの悪い場所は適しません。
毎年剪定をしっかり行って込みすぎた枝を間引くことで、花つきや実つきが良くなります。

 1月3日の誕生花 クロッカス

クロッカスの花言葉

クロッカスとサフランは同じ仲間です。
観賞用がクロッカス、食用がサフランとされています。

1月3日の誕生花、クロッカスの花言葉は『青春の喜び』『歓喜』『切望』です。

また、クロッカスはその花の色で花言葉が変わります。
紫のクロッカスの花言葉は『愛の後悔』
黄色のクロッカスの花言葉は『私を信じて』
白のクロッカスの花言葉は『あなたを待っています』
青のクロッカスの花言葉は『心配しながら信じる』
赤のクロッカスの花言葉は『好きすぎて心配』

クロッカスの伝説
昔、美しい青年のクロッカスとその恋人スミラックスがいました。
ふたりは結婚しようとしましたが、神々の許しをもらえず絶望したクロッカスは自殺してしまいます。
花の神のフローラは、悲しむスミラックスを見て可哀想に思い、クロッカスとスミラックスを花に変えました。
それが、今のクロッカスとサルトリイバラの花と言われています。

クロッカスの基本データ

DATA

  • 分類:アヤメ科サフラン属
  • 別名:͡ハナサフラン
  • 原産地:地中海沿岸
  • 開花時期:1月~4月
  • 英名:Crocus

クロッカスのお手入れ方法

寒さに強く、雪の中でも花を咲かせます。
日陰では開花しても半開きになってしまうので、日当たりの良いところに植えましょう。
加湿になると球根が腐ってしまいます。
水捌けの良い場所で育てましょう。
花が終わり、葉が変色したら球根は掘り出して乾燥させます。
9月~10月頃にまた植えましょう。

 1月3日の誕生花 まとめ

梅もクロッカスも寒い季節に綺麗な花を咲かせてくれるお花です。
特に梅は、お正月過ぎたころから空を見上げると咲いていたりして嬉しくなりますね。
どちらも早春のお花なので寒い季節の中でも春までがんばろーって思わせてくれます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(*^^*)
また覗いてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました