1月5日の誕生花 / 雪割草 ( ミスミソウ ) クロッカス

誕生花


1月5日、そろそろ仕事始めの人も多いのでしょうか?
私は例年、親戚からお餅をいっぱいいただくのでお餅に飽きてくるころです(‘v’o)!

1月5日は新年宴会の日とされていて、昔宮中では皇族や高官、外国の使臣などを招いて天皇が新年の祝賀会を開いていました。
今年はコロナの影響で忘年会・新年会は自粛ムードですね。
落ち着くことを願うばかりです。

それでは、1月5日の誕生花をご紹介していきますね!

スポンサーリンク

1月5日の誕生花 雪割草 (ミスミソウ)

雪割草 (ミスミソウ) の花言葉

1月5日の誕生花、雪割草(ミスミソウ)の花言葉は
『自信』『信頼』『忍耐』『はにかみ屋』です。

ミスミソウは雪が降る寒い季節に咲くお花。
寒い季節に一生懸命に咲く姿から『忍耐』や『自信』の花言葉がつきました。

ミスミソウといえば漫画でこのお花のタイトルが使われていました。
オバケは出てこないホラー漫画みたいな感じでしたが (;´・ω・)

読んだ感想としては、人間が一番怖いですね。
映画にもなっていますので興味のある方はどうぞ (;´・ω・)
グロ注意です…

雪割草(ミスミソウ)の基本データ

DATA

  • 分類:キンポウゲ科ミスミソウ属
  • 別名:オオミスミソウ・スハマソウ
  • 原産地:日本・ヨーロッパ
  • 開花時期:2月~5月
  • 学名:Hepatica nobilis var. pubescens

ミスミソウと同じ漢字で雪割草(ゆきわりそう)というお花があります。

ゆきわりそうはサクラソウ科サクラソウ属のお花なので違うお花です。

一般的にゆきわりそうは平仮名かカタカナで表記されていることが多いようです。
ややこしや(∩ˊᵕˋ∩)

雪割草(ミスミソウ)のお手入れ方法

外の半日陰の水捌けの良い場所で育てましょう。

古い葉っぱは新葉が生えるまで取り除かないようにします。

出来るだけ高さのある鉢を用意して植えると水捌けが良くなります。

冬は霜や強い寒さに当てないようにしましょう。

1月5日の誕生花 クロッカス

1月3日の誕生花 / 梅(うめ)クロッカス
1月3日。お正月の三が日も最終日ですね。 日本ではこの日までお正月休みとされることが多いそうです。 1月3日の誕生花は梅とクロッカスです。 どんなお花か、ご紹介していきますね。

クロッカスはこちらのページで紹介しています( ^ω^ )

まとめ

1月5日の誕生花を紹介させていただきました。
みなさん今年の目標は決めましたか?
私はもちろん、このお花のブログの記事を増やして
たくさんの人に読んでもらえるように頑張ります!

 <a

コメント

タイトルとURLをコピーしました